医療・福祉施設を専門とした福岡の建築設計事務所 株式会社大協設計 福岡市博多区比恵町 株式会社大協設計
設計業務経歴 作品集 準備中 MAP

●作品集

病院
業務名称:医療法人社団生和会 徳山リハビリテーション病院  在宅支援センター 
株式会社大協設計 設計
 設計概要

 所在地 山口県周南市

 敷地面積 7,231.91u
 建築面積   326.90u
 延べ面積  619.91u
 構造規模 S造  1F B1F

 施  工 株式会社熊谷組中四国支店
  工  期 2014.3〜2014.7

【設計コンセプト】
退院後の通所リハビリ施設として、病院と一体化した施設配置とした。
敷地の高低差を利用し、1階部分に通所リハビリ施設・在宅訓練指導室を設け病院玄関より近い位置とした。
通所リハビリスペースは南面した位置で、ガラス面の構成で開放的で明るい空間とし、植栽のある外部空間を眺めながらリハビリに励める環境とした。
屋上にも屋外リハビリスペースを設け、春・秋等の季節に自然を感じながら訓練できる環境を整えた。


 

病院
業務名称:医療法人社団生和会 徳山リハビリテーション病院 
株式会社大協設計 設計
 設計概要

 所在地 山口県周南市

 敷地面積   7,231u
 建築面積   1,724u
 延べ面積  5,738u
 構造規模 S造  4F 一部地下1F

 施  工 株式会社熊谷組中四国支店
  工  期 2011.9〜2012.2

【設計コンセプト】
緑地公園の南側に位置する、全120床の回復期リハビリテーション病院。
緩やかな傾斜地を有効利用した配置計画としている。ファサードは緑地公園の緑をバックに、やわらかさと清潔さを感じさせ、4Fのデイコーナーからは眺望が楽しめるようになっている。
病棟内はリハビリスペースを中心に、食堂兼居間、スタッフステーション、ホール、テラスデッキを円を描く様に配置し、お互いの仕切りを極力なくすことで、スタッフには見通しが良く管理しやすい、患者には広々と開放的に感じることのできる空間となっている。
院内託児所の設置等、働きやすい職場づくりにも重点を置いている。
療養環境の向上と省エネルギー化に配慮し、周辺の自然環境と調和する施設となっている。


 

病院
業務名称:社会保険宮崎江南病院本館棟耐震補強工事
株式会社大協設計 設計
 設計概要

 所在地 宮崎県宮崎市

 敷地面積 11,904.14u
 建築面積  7,398.03u
 延べ面積 20,253.67u
 構造規模 鉄骨ブレース,
         RC耐震壁及び柱増打
 重要度係数 1.25

 施  工 大成建設梶@九州支店
  工  期 2011.06〜2012.07

【設計コンセプト】
耐震調査により、補強が必要となった本館等の耐震補強を行うと共に、全面改修を行い、主に病棟の療養環境の改善を行っている。
工事については、病院診療業務を継続しながらとなるため、ローリング計画(4工程)にて、順次施工・完了・引越を繰り返し工事を行っている。
多床室は、病室6床室を4床室とし、WCは室内に設置し、個室の設備拡充、食堂・デイルーム等の整備し、療養環境の改善を図った。
また、設備システムの効率化と、やりかえ建物の高断熱化(建具・複層ガラス)を行い、省エネルギーを図っている。


 

病院
業務名称:社会保険宮崎江南病院新外来棟増築工事 
株式会社大協設計 設計
 設計概要

 所在地 宮崎県宮崎市

 敷地面積 11,904.1u
 建築面積  1,159.41u
 延べ面積  3,045.91u
 構造規模 S造 3F
 重要度係数 1.25

 施  工 戸田建設梶@九州支店
  工  期 2010.05〜2011.12

【設計コンセプト】
本館等の耐震補強工事を行うために、前段の工事として外来部門の増築を行ったもので、既設建物部分の機能と一体となる平面構成としている。
1F:受付・薬局・救急  2F:透析  3Fリハビリ(作業療法)・医局
既存外来診察室への患者動線を、見舞い客との分離を併せて、短縮化を図っている。
屋上スペースは既存病室より利用できるエリアとし、日常の遊歩コース、非常時の避難広場としても利用可能としている。
建物はカーテンウォールで明るい開放感ある形態とし、高断熱化、日射の遮蔽(ルーバー・複層ガラス等)、設備の個別空調システム高効率の機器等を採用し、トータル的に省エネルギー化を図っている。


 

病院
業務名称:社会保険宮崎江南病院 健康管理センター 
株式会社大協設計 設計
 設計概要

 所在地 宮崎県宮崎市

 敷地面積  1,694.82u
 建築面積   682.50u
 延べ面積  1,382.16u
 構造規模  S造 2F

 施  工 丸宮建設株式会社
  工  期 2009.10〜2010.3

【設計コンセプト】
健康管理センターは既存病院の中に一体として組み込まれているものを、病院本館棟耐震補強・
改修工事のため、別敷地(病院の全面道路南側)へ移転新築するもので、わかり易い施設で
環境にやさしく、省エネルギー化も図った。
平面計画は1・2階とも待合ホールを中心に各検査室等を配置し、受検者の流れに沿ったわかり
易い構成としている。
内部は木製品を使用し、落ち着いた感じの明るい内部空間としている。


 

老人保健施設
業務名称:介護老人保健施設 なごやか熊毛
株式会社大協設計 設計
 設計概要

 所在地 山口県周南市

 敷地面積  4,985.35u
 建築面積 1,555.51u
 延べ面積  4,109.90u
 構造規模  RC 3F

 施 工 安藤・アキタ建設共同企業体
  工 期 2008.5〜2009.1

【設計コンセプト】
熊毛地区土地区画整理事業地内のJR岩徳線高水駅に近接したアクセスのよい位置に全室個室
ユニット型の居室を中庭、共用コア部分(EV、階段等)をはさみ、ワンフロアー4ユニットをコンパク
トに、二層(2・3階)敷地形状に合わせ配置している。
利用者から選ばれる施設を目指して、室配置・空間構成・形態・仕上等を考えた。
家庭的な雰囲気で入所者・通所者が過ごせる様な空間構成・仕上としている。
1階は通所関係の施設配置とし、天然温泉を利用した浴室や、機能訓練室をウッドデッキの中庭
及びテラスを一体化した構成とし、落ち着いた空間構成の明るい解放感のある、気軽に立ち寄れ
る感じの施設としている。

 

社会保険労務士渡辺事務所
Copyright (c)2009 DAIKYOU ARCHTECTS & PARTNERS. All rights reserved.